Home » ご挨拶

ご挨拶

ごあいさつ

ご挨拶

<<<先代社長のコトバ>>>

『お客様の笑顔がココロの支えです』

生家が木材問屋のため、一貫して建築業に関する事業を営んでまいりました。
畳問屋を出発点に、現在の内装仕上工事を兼業とする総合建築業を経営するに至っております。

畳問屋では、昔故郷の静岡でイ草が栽培されており、三多摩地域を中心とする畳店に販売をしておりました。
終戦直後の物のない時代には業者の皆様には大変感謝され、逆に恐縮した記憶がございます。
昭和35年頃より、官公庁では東京都・国鉄(現JR)、
民間ではナショナル住宅・殖産住宅等の内装工事を特命受注しております。
昭和43年に専務(現社長)として経営に参加し、兼業工事を行う総合建築の部署を立ちあげました。
当初は戸惑いながらも少しずつ成果をあげ、現在では年間事業の80%を占めております。

建築工事の施工については、利潤の追求は無論ですが設計する楽しさ、施工する楽しさ、
発注者の要求を充足した快感を覚えればそれは大成功だと思います。

思い巡らしますと「建築」の一パーツから出発した会社経営が、徐々に核心に近づきつつあります。
それは、「時代のニーズに答える」などという格好良さではありません。
試行錯誤しながらも知らぬ間にたどり着いた、言ってみれば我が社の「進化」かもしれない。
願わくば、突然変異など起こることもなく、たとえ事業形態が変化しても、先代社長写真
孫の代は元より営々と内山住宅ひいては建設業にたづさわる皆様が進化しつづけ、
しいては「お客さまの笑顔が心の支えです。」の如く願う今日この頃です。

貮代目代表取締役社長
先代社長サイン

(1945.6.27?2012.3.21)

<<<副社長ごあいさつ>>>

『たずさわる、すべてのヒトのおもいをカタチに...』

たずさわる、すべてのヒトの思いをカタチに...
弊社は官公庁中心の総合建設会社です。
先代社長が皆様の多大なご厚情に包まれて現在の企業体の地位を確固たるものにしました

名称に入っている【住宅】から閃いてよく戸建てのみを扱う会社と思われがちですが公共事業も取り扱っております。

未知数の部分も多く、経営なんというカッコ良いフレーズでは収まりませんが
人間形成の部分でも未だ未熟者で若僧でございます。

私が常に心に留めているコトバ
かけがえのない「若さ」も、それを自覚していなければ「豚に真珠」「猫に小判」で、あってなきに等しい。
自主性・協調性を重んじ全知全能をつかい、最良を尽くしていく所存です

外部環境がめまぐるしく変化する今日では中小建設企業が抱える課題はこれまで以上に多と思います。
停滞している経済状況のなかで
自身もしっかり心に決め、先代社長の豊かな思いを受け継ぎ社員一同心を合わせ、
施工する喜びを感じ,最善を尽くしてまいります。

取り巻く周囲の方々におけましては慎みと報恩のこころを持ち
感謝の気持ちを忘れず【健全で成熟した堅実な会社】と言って下さる。
たずさわる、すべての人の思いをかたちに…
相互いに立てたすけ合い地道に全力を尽くす次第です。

取締役副社長

内山 雄太

内山住宅

ページの先頭へ

Copyright 2010 ALLRIGHT RESERVED BY Uchiyama Contraction Co., Ltd. All Rights Reserved.